<< 黒と青の2色に合う色の組み合わせ(チャコールグレー/紺色/ワインレッド/深緑/黄緑/マゼンタ/オレンジ/黄土色など) | main | カザフスタン共和国の国旗はどんな色見本でどんなデザイン? - 水色と明るい黄色。リオ五輪でも活躍 >>

「白黒」と「モノトーン」の違いとは? - 意味,構成色,該当色,具体例

0

     

     

    「白黒」と「モノトーン」の意味合いの違い情報。

     

     

    あいまいな部分もあるものの、

    「白黒」とは、

    「白と黒だけで構成されている状態」

    のこと。

    語句から考えると中間色の灰色(グレイ)は含まれないこととなる。

     

     

    それに対して、

    「モノトーン」とは"単調"という意味。

    そして、単調なトーン全てがモノトーンにあてはまるものの、

    実質的には

    「白から黒にかけての無彩色のトーン(濃淡)」

    というような意味合い。

     

     

    ちなみに「無彩色」とは

    色の3属性のうち、

    「色相(色合い)」

    「色彩」

    は持たず、唯一「明度」だけをもつ色群のことで、

     

    ライトグレー

    グレー

    チャコールグレー

     

    といった流れの白から黒の流れの中で、

    色彩などを一体持たない色全般を指す。

     

     

    [結論]

    「白黒」という言葉となると「白と黒の2色の状態」を指すが、

    「モノトーン」となると、

    「白と黒の2色 + 他の色の混じり気のないグレー系カラー全般」

     

    を指すことになる。

     

     

    [ちなみに]

    他の色合いのある色が混じったグレーやオフホワイトは無彩色ではないため、

    「クリーム色」

    「アイボリー」

    「灰白色」

    といった色は無彩色ではないと思われます。

    (正確な情報はなし)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     




    カテゴリ= 色に関する豆知識(トリビア) | 08:44←このページの個別URLはこちらをクリック | - | - |